お役立ちコラム

渡辺通裏路地通信

福岡をもっと楽しむためのコラムです♪

アクセス天神のスタッフが、福岡の街をもっと楽しんでもらえる情報や、ウィークリーマンション活用方法など、お役にたてる情報をコラム形式でお届けします。
これを読んで、もっと快適な旅を楽しんでくださいね!

第23回秋のライトアップ(2010/10/21)

猛暑と呼ばれた夏、厳しかった残暑の日々も過ぎ、季節はもう10月です。皆様いかがお過ごしでしょうか?
季節毎にめくってきたカレンダーも、残り少なくなりました。
年々、時の過ぎ行くスピードが速まっているような気がするのは、私だけでしょうか。

しかし、この秋という季節、個人的には大好きなシーズンです。 1年の終わりが近づいて、少し寂しい気持ちにもなりますが 気候が安定して過ごしやすく、外出がおっくうになりません。

天神を歩くと、ショーウインドーに飾られた洋服の色合いが、まるで紅葉を見ているかのように、深みのある赤や茶色に変わっています。
値段やサイズは無視して、ついついうっとりと眺めてしまうのも、この季節が成せる技ではないでしょうか。

ショッピングもさることながら、1年の中で最も旅や行楽が楽しめる時期です。
年末に「良い1年だったな〜」と振り返ることができるように、秋のカレンダーも、楽しい行事で埋め尽くしたいものですね。

さて、今回アクセス天神がご紹介するのは、博多の由緒ある神社やお寺をライトアップするふたつのお祭りです。

博多灯明ウォッチング
  • 日時:10月23日(土)18:00〜21:00
  • 会場:博多高等学園、櫛田神社、旧大浜小学校、奈良屋地区の神社やほこら等
  • 料金:無料
  • ※詳細はアクセス天神フロントまでお尋ねください。

毎年10月、夜の博多を幻想的に照らす福岡市主催のイベントとして、1994年に始まりました。
このお祭りは、神社や寺で行われていた「千灯明」をヒントに行われており、町中の通りや寺社が、地域の方によって作られた数万個の灯明で映し出されます。

また旧小学校の校庭などには、灯明による巨大な地上絵が描かれます。今では博多の秋を代表する一大イベントとなり、山笠やどんたくとはまた違った博多の姿を見ることができます。

アクセス天神の近辺では、徒歩圏内の櫛田神社や博多区奈良屋地区の神社や通りなどがライトアップされます。

御供所・冷泉ライトアップウォーク
  • 日時:11月3日(水)〜11月7日(日)18:00〜21:00
  • 会場:承天寺、東長寺、妙楽寺、櫛田神社等
  • 料金:当日券800円(前売り券600円)
  • ※詳細はアクセス天神フロントまでお尋ねください。

11月に行われる、美しいイベントです。今も古い建造物が残る、福岡市博多区の御供所・冷泉地区。ここには、博多の由緒ある古刹が多く残っています。

・承天寺(博多祗園山笠発祥の寺)
・東長寺(弘法大師が創建したといわれる日本一古い霊場)
・妙楽寺(博多豪商の墓が多い)
・櫛田神社(博多の総鎮守)

重要な役割を担っていた、これらの由緒ある寺社の荘厳な建物や庭園がライトアップされる景色は神秘的です。

アクセス天神からはお散歩コースで足を運べるところばかりです。
ぜひ秋の夜の思い出に、博多の街に出掛けてみませんか?
皆様のご利用を心からお待ちしております。

  • 記事一覧へ
  • 前の記事へ