お役立ちコラム

渡辺通裏路地通信

福岡をもっと楽しむためのコラムです♪

アクセス天神のスタッフが、福岡の街をもっと楽しんでもらえる情報や、ウィークリーマンション活用方法など、お役にたてる情報をコラム形式でお届けします。
これを読んで、もっと快適な旅を楽しんでくださいね!

第33回福岡生まれの「ラブアース」(2011/5/10)

6月は環境月間!
ラブアース・クリーンアップ2011 6月12日(日) 開催


皆さんは「ラブアース」という言葉を知っていますか?

「ラブアース・クリーンアップ」という、市民や企業、行政が協力して行っている地域環境美化活動のことです。

地球上の美しい海岸や河川、緑の山々を守るために、私たちにできることをしよう!と始まり、今では全国各地に広がっています。

この「ラブアース」。実は福岡が発祥の地であることを、ご存知でしょうか?
1990年6月に行われた、福岡市近郊でのクリーン・ザ・ビーチ(海岸清掃)が、この活動の原点なのです。

そして、1992年に開催された「ローマ・クラブ福岡会議イン九州」をきっかけに、この会議のテーマでもある≪地球環境と地域行動≫の実践として、九州の海岸を一斉清掃する「ラブアース・クリーンアップ九州」が実施されました。

その後も毎年6月に活動が継続され、2010年には、62万187人もの人が参加。
なんと、1,486トンものゴミ回収実績を上げています。(九州・山口各県の合計)

しかしこれは、それだけ多くの誰かが、ゴミを「ポイ捨て」していたという、残念な数字でもあります。
皆がルールに則って廃棄していれば、このような形で回収されるゴミなど、ひとつもないはずです。

確かに、ゴミ捨てのルールの方にも、いくつかの問題があります。
現在の日本では、ペットボトル容器や家電のリサイクル法が実施されているものの、コストがかかり過ぎるために、ゴミを減らす効果は薄く、不法投棄が相次ぐ結果となっています。

また、「大量生産」「大量消費」「大量廃棄」が当たり前の社会では、ゴミが減るはずはありません。

ここで、ゴミ減量に欠かせない、「4つのR」についてご紹介します。
個人レベルで簡単にできることです。日常生活で、ちょっと気にかけてみませんか?

Refuse(リフュース)・・・拒否、拒絶する。
ゴミになるものは、買わない、貰わない。(例:トレイ入りの野菜は、野菜のみを買う。)
Reduse(リデュース)・・・減少、減らす。
必要なものだけを買う、使う。(例:レジ袋をもらわないようにする。)
Reuse(リユース)・・・再利用する。
使えるものは、何度でも使う。(例:子ども服、家具などを繰り返し使う。)
Recycle(リサイクル)・・・再資源化する。
回収後、一度原材料に戻してから製品化する。(例:再生紙、ペットボトルから作った衣料など。)

この中で、リサイクルは最後の手段です。
必要なものを厳選し、手に入れたからには最後まで大切に、とことん使いきりたいものです。
「ラブアース」発信地の福岡だからこそ、今度は「捨てない街」を目指しませんか?

ラブアース・クリーンアップ2011 開催要項
【日時】
6月12日(日)午前9時〜受付開始
【小雨決行】
雨天で中止の場合、順延なし。
【持参するもの】
帽子・軍手・タオル(※詳細はお問い合わせください)
【お問い合せ】
ラブアース・クリーンアップ福岡地区実行委員会事務局
【ラブアース・クリーンアップ2011開催のご案内】
http://www.love-earth-jp.net/cleanup/index.html
※詳しくはこちらをご参照ください。
  • 記事一覧へ
  • 前の記事へ