お役立ちコラム

渡辺通裏路地通信

福岡をもっと楽しむためのコラムです♪

アクセス天神のスタッフが、福岡の街をもっと楽しんでもらえる情報や、ウィークリーマンション活用方法など、お役にたてる情報をコラム形式でお届けします。
これを読んで、もっと快適な旅を楽しんでくださいね!

第59回福岡検定を受けました!(3)(2014/12/26)

福岡検定への道 その三 福岡検定、受験してまいりました!

冷たい雨が降る2月9日(日)、アクセス天神のスタッフ2名で「福岡検定」を受験してまいりました。

福岡検定公式ホームページ

会場は福岡市東区の九州産業大学。こちらは芸術系の学部を持つ私立の総合大学で、常設の美術館がある大学としても知られています。優雅な気分でキャンパスに足を踏み入れたいところですが、今日は特別。何ともいえない緊張感が走ります・・・。

雨天のため、色とりどりの傘が行列を作って大学構内を歩きます。日曜日なので、大半が同じ目的の方々でしょう。お顔を拝見すると、高校生ぐらいから70代と思しき方まで、老若男女さまざまです。後で聞くと、なんと2,300名の受験者数だったとか!

会場入口で受験番号を確認し、教室へ向かいます。試験開始時間の15分前ぐらいに着席しましたが、国家試験さながらの物々しい雰囲気です。ひざ掛け代わりにコートで暖をとる人に挙手を求めたり、机上に筆箱を置くことも禁じられました。第1回の検定ということもあり、果たしてどんな問題が出るのか、予測もつきません。パラパラと福岡検定の公式本をめくりながら、何も頭に入らない数分間を過ごしました。

そうしているうちに、問題用紙が配られました。もちろん、合図があるまで触れることは許されません。うっすらと透けて見える難問(らしきもの)に早くも青ざめながら、もったいぶるように腕時計を眺める試験官を見つめます。

こうして始まった福岡検定。そして終わった福岡検定・・・。一言でいうと「かなり難しい」内容でした。単純に福岡を愛しているだけでは、答えられない問題が多々ございました。ちなみに、九州初のターミナルデパートって、どこだかご存知ですか?(答えはアクセス天神フロントで!)おそるべし、福岡検定!

アクセス天神にお越しの皆様に、少しでも詳しく福岡をご案内したい・・・。そんな思いで受験に踏み切った私共ですが、予想以上の難問に打ちひしがれ、次回に向けて決意を新たにしたところでございます。(結果発表は、まだですが)

アクセス天神は、皆様のお越しを心よりお待ちしております。

  • 記事一覧へ
  • 前の記事へ